toggle
2018-12-12

外壁板金

昨日は現在計画中の改装案件の現地打ち合わせ後に続けて、これから計画が始まる新築住宅案件の打ち合わせ。

その後上京区の家の現場確認をしてから嵯峨嵐山カフェの現場確認と、ものすごく年末感を醸し出しています。

まだまだ慌ただしく、もう一波ぐらい来そうな予感さえしています。

 

ここ最近は忙しいネタや沈みネタばかりでしたが、そうも言ってられません。

思い悩むよりもまず行動で解決。以前勤めていた会社ポリシーを思い出し、態勢を整えたところで今日は工務店さん事務所で嵯峨嵐山カフェの打ち合わせ!

 

かねてより頭を悩ませていた外壁板金の出隅の納まりですが、板金屋さんがいろいろ試行錯誤をしモックアップも持ってきてくれました。

 

 

本当は板金同士を噛み合わせて役物を入れない納まりにしたかったのですが、高度な納まりのため来春オープンというスーパータイトな工期の中(板金屋さんゴメン)時間的にかなり厳しく、今回は写真のピース材の役物で納める事に。

 

十分きれいです。横葺きで重要な水平ラインも保てると思います(板金屋さんありがとう)。

 

板金屋さんもそうですが、工務店さんの真剣さや良いものを造りたいという想いが本当に伝わりますし(工務店さんありがとう)、その積み重ねで良い建築が出来るのだと思います。

何よりこういう建物づくりが好きですし、背筋が伸びるのが分かります。

 

僕も負けないように頑張らないと!