fbpx
toggle
2022-06-11

唐崎の家

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

計画地は、琵琶湖や駅にもほど近く、高速道路沿いの緑道や山々を見渡せる環境の良い住宅地となっております。

 

敷地は比較的ゆとりがあり、通常だと庭をつくって1階に家族がくつろぐ空間を配置するのがよくあるプランなのですが、計画地は3方道路に面しており、駐車場のスペースや、さらにはアプローチの位置を考慮すると1階LDKではプライバシーが配慮された空間をつくるのは難しいと考えました。

 

そこで、家族が集うLDKはこの敷地で一番条件の良い2階に配置することで、陽当たりを取り入れプライベート感のある空間をつくるとともに、北西の山々や緑道の眺望を取り入れました。

またリビングに隣接するインナーテラスの下は駐車スペースとなっており、建物アプローチ、動線ともにまとまったプランとなっています。

 

なお、2階から約1m下がったところにスタディスペース、2階から約60cm上がったところには畳コーナーがあり、視線の高さによる変化により空間や景色を見ることが出来るのも、この家の楽しみの一つです。

 

主要用途  専用住宅

構造規模  木造2階建て

敷地面積  126.52㎡

延床面積  116.42㎡

写真撮影  岡田 大次郎