fbpx
toggle
2021-07-06

東堀川の家

 

 

 

 

 

 

 

既存住宅の改修計画です。

中古住宅として購入され数年住まわれていたのですが、将来へのライフスタイルを見据えた上での改修をしてゆきたいということでした。

改修特有の構造であったり法的な制約から、間取りについては原型を留めつつも新しい空間となるよう再構築しています。

元ある既存の間取りに暮らしを合せるのではなく、暮らしに合わせた家づくりをするという事が改修であっても十分実現出来たのではないかと思います。

主要用途  住宅(改修)

構造規模  木造2階建て

敷地面積  88.13㎡

延床面積  109.90㎡