fbpx
toggle
2022-02-11

上桂の家

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

閑静な住宅地での建て替えの計画です。

 

きっかけは、工事中の建物の境界フェンスに付けていた当事務所の看板。

その看板を見て調べて頂きご連絡を頂きました。

そして何度かお会いし、他社とも検討頂いたのち、正式にご連絡を頂き家づくりがスタートしました。

 

色々とご要望は頂きましたが、敷地は京都特有の間口が狭く奥行きのある形状で、3階建て住宅に囲まれている中、プライバシーを確保しながらどのように明るく快適に過ごすことが出来るかが一つのテーマでした。

吹抜けや中庭を設けて採光を確保する事も解決策として考えましたが、本計画では家族がメインで過ごすLDKを2階へ持ち上げ、屋根形状を生かした勾配天井とすることで、明るく開放的な空間となっています。

 

リビングとダイニングは、一体空間ながらも床の段差により領域を分けることで「食事をする」「寛ぐ」という行為を心理的により促してくれます。

 

また道路側に配置したテラスは、可動ルーバーが風や光を通し、プライバシーを確保しながらも家族の気配が外部へと伝わり、内外をつなげる心地良い中間領域をつくりだしています。

 
主要用途  専用住宅

構造規模  木造2階建て

敷地面積  101.43㎡

延床面積  110.92㎡

写真撮影  岡田 大次郎