fbpx
toggle
2019-08-28

宇治の家

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

敷地は宇治市内の市街地。

 

北側の前面道路は幅12mと広く交通量も多い為、プライバシーと採光確保のためメインの空間を敷地の裏側である南側に配置する計画としました。

 

内部空間は黒を基調とし、少し過去にさかのぼったかのような、昔に感じたことのあるどこか懐かしいような、そんな空間となっております。

 

またタイルが良いアクセントとなっており、照明が入ることでよい雰囲気の空間となっています。

 

家具もアンティークのものを選ばれているそうで、空間に溶け込むことと思います。

 

主要用途  専用住宅

構造規模  木造2階建て

敷地面積  125.77㎡

延床面積  94.76㎡

写真撮影  岡田 大次郎